住宅ローンの審査
諦める前に

ログハウスを
ハーフセルフビルドで建てよう♪
++モバイル版++


ログハウス建築までの道のり
1.ログハウスのメーカー選び

星の数ほどあるメーカーの中からどの会社で建てるのかというほど重要なことはないですよね。

私たちはまず当時愛読していた『夢の丸太小屋に暮らす』(略して『夢丸』)に載っているあらゆるメーカーさんの資料を請求しました。
おそらく10社以上は請求したと思います。

まだインターネットも普及していない頃でしたので、地道にアナログ的に情報を集めていました(^。^;)

今だったら居ながらにして、ネット上から豊富な情報が得られますよね。 ホームページを公開されているメーカーさんも多いと思います。


ログハウスの展示場にも通いました。
完成したお宅のお引越し前のオープンモデルハウスにも通いました。

ログハウスのお店(飲食店、雑貨屋さんなどなど)を見つけたら絶対にチェックして訪れてみるようにしました。

ログのモデルハウスにクリーニング代のみでお泊りさせていただけるというメーカーさんもありました。
もちろん、私たちはお泊りさせていただきました。

ここのメーカーさんは総合的にかなり気に入っていて、当時の第一候補でした。


実は一般住宅の展示場へも行きました。
いわゆるなんとかハウジングセンターってところです。

その中のとある住宅メーカーさんの営業の方に誘われて、ついつい直営工場の見学会にまで参加したこともあります。

それは木造住宅の高級志向なおうちでしたが、やっぱりなにか私たちにはしっくりきませんでした。

木造なら良いのかというとそうではないのです。


私たちはますますログハウスに恋焦がれるばかりでした..。


土地がないというだけで(でも結構ネックネックですよね..まったく相手にしてくれないという有名メーカーさんもありました。(>_<;)

でも、ここは同じメーカーさんでも、展示場によって対応が違いました。
以前対応してくださったある県の営業の方はとても親切にお付き合いしてくださいました。


結局どのメーカーのログハウスにするかが決まらないまま1999年の春に私たちは名古屋から脱出したのです。


脱出した土地はとりあえず私の故郷である滋賀県。
ログハウスを建てるのも大好きな琵琶湖のあるこの土地と考えていました。

まったくと言ってよいほど貯金がなかった私たちは祖母の大きな家の2階へ同居させていただき、資金を貯める事にしました。
生活費はもちろんかかりますが、家賃がないのが何より大きかったです(*^-^)


コレッ!!というメーカーさんが決まらない日々が続いたある日...。

実家近くの素敵なログハウスの喫茶店を経営するママさんから京都の老舗ログメーカーさん(以下AHSJ鰍ウん)をご紹介して頂いたのです。


この紹介してくださった喫茶店を施工したのがAHSJ鰍ウんでした。

AHSJ鰍ウんの営業担当のN氏は、京都から何度も私たちの自宅に来て相談に乗って下さったり、一緒に土地探しのためにあちらこちらを案内して下さいました。

また、AHSJ鰍ウん施工のログハウス完成見学会にも参加させて頂き、ログに関する色んなことを勉強したり参考にしました。

結局土地探しでも書いているのですが、土地が見つかる2年間ほど(結構長い?)マメに連絡を下さっていたN氏とその会社の誠実さに心打たれた(?)のが決め手になって、数あるメーカーの中から私たちの夢をかなえるパートナーとしてAHSJ鰍ウんを選んだのです!


ログメーカー選びの4つのポイント

1.ログハウスのメーカー選び
2.土地探し
3.資金の調達は?
4.ログハウスのタイプと設計
5.見積りと契約


[Home]
++mobile version++
since2007
(C)Atelier Drea